2006年11月26日

M:i-3 ミッション:インポッシブル3 スペシャル・コレクターズ・エディション

Post DATE: 2006/11/26
発売日:2006-11-17
まぁそれなりに
なんというかコメントに詰まってしまう…
フィリップ.S.ホフマンが最高
失敗した007シリーズのよう
イーサンの陰が見えない・・・・けど、面白い?映画・・
トム・クルーズの当たり役、諜報組織「IMF」のエージェント、イーサン・ハントが活躍するシリーズ第3弾。スパイの裏技を楽しめた1作目、アクションで圧倒した2作目という前作両方の長所を活かし、総合的にシリーズで最もおもしろい仕上がりになっている。現役を退き、教官となっていたイーサンだが、教え子が捕らわれたことでミッションに参加。救出に失敗した彼は敵のボスをつかまえるが、逆に自分の愛する者を人質にとられるきっかけを作ってしまう。
ドイツ、イタリア、中国、アメリカと、4か国でのロケによってスケール感が出たのはもちろん、トムが自ら過激なスタントに挑むことで本物の迫力を伝えることに成功。スター俳優としてのオーラはビンビン放たれている。全編、アクション場面がびっしりだが、合間でスパイの裏テクニックを紹介するシーンが楽しい。とくに相手の顔を撮影し、そのデータから瞬時にマスクを作る過程が見どころだ。卑劣な強敵を演じるのは、オスカー俳優のフィリップ・シーモア・ホフマンで、外見からは想像できない巨悪を実感させるのは、さすが。よくよく考えるとツッコミどころも多い展開だが、強引にねじふせるハイテンションに、ひたすら乗ってしまう。(斉藤博昭)
(引用:Amazon.co.jp)by wcs-style.com

posted by shopping at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(1) | DVD
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28343047

この記事へのトラックバック

M:i:?
Excerpt: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン M:i-3 ミッション:インポッシブル3 スペシャル・コレクターズ・エディション 【あらすじ】 イーサン・ハント(トム・クルーズ)..
Weblog: Memory of unexpected life
Tracked: 2007-02-07 01:56
Click Here!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。