2006年07月13日

Canon デジタルカメラ PowerShot S3 IS

Post DATE: 2006/07/13
発売日:2006-04-27
G5から乗り換えました。
幼稚園・小学校の子供を撮ってます。
S2ユーザーが買い替えるとすれば
レスポンスが良い!
家庭用スナップには万能!
6.0メガピクセルCCDと2.0型バリアングル液晶モニターを搭載。光学手ブレ補正機能付き12倍ズームモデル
高倍率ズームや充実した動画撮影機能などで好評の「S2 IS」(2005年6月発売)の後継機種として開発されたモデル。光学12倍ズームレンズをはじめ、USM(超音波モーター)による高速/静音ズーム駆動や高性能映像エンジン「DIGIC U」はそのままに、補正精度のさらなる向上を実現したレンズシフト式手ブレ補正機構を搭載したほか、CCDの高画素化(5.0メガから6.0メガピクセルへ)とバリアングル液晶モニターの大型化(1.8型から2.0型へ)を図っている。

また、最高ISO 800相当まで自動的に感度アップを行う「高感度オート」を新たに採用し、手ブレだけではなく被写体ブレが発生しやすい撮影シーンにも威力を発揮する。記録画素数には16:9の画像の撮影/再生が可能な「ワイド」を追加し、コンパクトフォトプリンター SELPHY CPシリーズと接続すれば、ワイドサイズ用紙での迫力ある全面フチなし印刷が楽しめる。さらに、動きの速い被写体の連続撮影に最適な「スポーツ」の新設により22通りに拡充した撮影モードに加え、撮影後の画像に対しても簡単に色変換/強調が行える「レタッチマイカラー」の搭載など、機能面でのより一層の充実を図っている。

動画機能としては、高品位なステレオ音声とVGA(640×480画素)・30フレーム/秒の滑らかで高画質な映像により、ビデオカメラにも迫る本格的な動画撮影を楽しめる。また、記録モードは、QVGA(320×240画素)・60フレーム/秒を追加した5通りから選択できる。さらに、撮影中でも操作が可能な光学ズームや、動画撮影中の静止画撮影を可能にする「フォト・イン・ムービー」機能、どのモードからでもボタン一つで撮影を開始できるムービーボタンなど、動画撮影の楽しさを広げる機能を数多く搭載している。
(引用:Amazon.co.jp 商品紹介)

posted by shopping at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・家電・AV
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20701116

この記事へのトラックバック
Click Here!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。